FSC認証ってなに?

FSC認証とは、持続可能な森林活用・保全を目的として誕生した、「適切な森林管理」を認証する国際的な制度です。認証を受けた森林からの生産品による製品には下記のようなFSCロゴマークがつけられます。

それでは、FSC認証とはどのようなものなのか、FSC認証がついている製品がおすすめなのはなぜか?について、FSCジャパンFSC応援PROJECTのHPより抜粋引用しながら、解説していきます。

今回はその第1回目「FSC認証ってなに?」についてです。

FSC認証の意味|適切に管理された森の生産品であることの証明

森林は地球の陸地面積の1/3を占めています。しかし、年々その面積は減少し、世界レベルでの大きな問題となっています。

その原因としては、乱伐や違法伐採、無計画な農地や植林地への大規模転換などがあげられます。

そのような状況において、森林の減少および荒廃に歯止めをかける一方で、森からの生産品の恩恵を未来でも引き続き享受できるよう、森林を適切に管理していくことが求められています。

計画的な間伐や植樹は、木材の利用を行いつつも森林の荒廃を防ぎ、土壌流出や水源涵養機能などの公益的機能を維持していくことが可能になります。

一方で、無計画な伐採・乱伐や再造林を行わないことは、上記の公益的機能を損なうことにも繋がっています。

FSC認証制度は、そのような森林保全と持続可能な社会への要望の高まりを背景に、1993年に発足した国際的な認証制度です。

「森林の管理が環境や地域社会に配慮して適切に行われているかどうか」を評価・認証し、森林からの生産品であることを証明するものです。

消費者がFSC認証を受けた製品を選ぶことで、適切な森林管理を行う林業者や地域を支援し、その生産品を原材料として使う企業や事業者を支持することになり、世界全体の森林保全へとつながります。

【FSC認証の基準】3つ視点に基づく「10の原則と70の基準」

FSC認証制度を運営しているのは、ドイツのボンに本部を置く、FSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)です。

環境団体、林業者、木材取引企業、先住民団体、地域林業組合などから構成される独立したNPO(非営利団体)で、FSCの活動に賛同し、適切な森林管理を広めることを誓った法人・個人が入会することができます。

会員は社会・経済・環境のいずれかの分科会に属し、意見・要望の提出や議決などが可能になります。

各分科会には均等な投票権が与えられ、さらに開発途上国と先進国に均等な投票権が分配されます。

社会・経済・環境だけでなく、経済状況も加味した利害関係者により、制度の基準などについて議論・審議し、投票によって重要事項の意思決定が行われます。

そうして作られたのが、FSCの森林管理の審査基準である「10の原則と70の基準」です。

この基準で特筆すべきなのは、「森を守ること」だけにとどまらず、労働者や先住民族の権利、地域社会との関係や文化など、広い視野に基づいて、な森林の在り方を考えたものになっています。

これら世界共通の原則と基準の下に、各国の状況に合わせて作られた細かい指標が策定され、審査ですべての基準について大きな問題がないと確認された場合にのみ認証が与えられます。

なお、FSCから正式に承認を受けた日本事務局として「FSCジャパン」が意見の取りまとめや調整などの活動を行っています。

引用:FSC応援PROJECT

FSCが選ばれる10の理由

会員による意思決定

FSCは会員が民主的に運営している制度です

社会、環境、経済分野に属する800名を超える会員が、世界中の森林を守るための正しい指針作りを支えています。

最高水準の企画

FSCの規格は森林制度の中で世界で一番高い水準を維持しています

これによってFSC認証林は、適切に管理されていることが最大限保証されます。

信頼性で選ばれる認証制度

FSCは、信頼性の高さから多くの企業に選ばれています。全米総収入上位500社間(Fortune 500)で最も選ばれている認証制度です。

世界で一番普及している木材認証制度

FSC認証材は100を超えるマーケットに届けられています

FSCは木材認証制度の中で世界で一番多くの認証を発行しています。

確実に森林を守る

FSCは、世界中の森林認証制度の中で最も高い水準で自然林の保全や絶滅危惧種の保護を推進しています。

有力なサポーター

FSCは、世界で最も大きく、最も評価されている環境NGOが会員となりサポートしています。例えばグリーンピースや世界自然保護基金(WWF)は、森林認証制度の中でFSCを最も支持すると発表しています。

高い透明性

指針や企画づくり、見直しの際の手続きや意思決定はすべて公開

公開された指針や企画づくりに、誰でも意見を述べることができます。

また認証製品は独立した第三者監査を経て作られています。

世界中で一貫した規格

世界中の森林で同じ規格が適用

世界のどこで管理されている森林であろうと同じ原則と基準に基づいています。

地域性も考慮

FSC認証林の審査には地域の利害関係者からの意見を必ず反映

森林の評価に用いられる規格も国内専門家によって、地域性が反映されます。

唯一認められた森林認証制度

FSCは森林認証制度で、唯一国際社会環境認定表示連合(ISEAL)のメンバーです

引用:FSCジャパン

最新情報をお届けします